デンタルローンの利点と注意点について

subpage01

デンタルローンは、歯科治療費に限定したローンで、申込んで審査に通れば、銀行や信販会社が治療費を立て替えてくれます。

後は、治療費と手数料(金利)を分割で払うだけです。

金利は、低く設定されています。なにしろ、歯科治療費といっても、特に高額になりがちなものがあります。

健康保険がきかない場合は、自費で払うしかありません。


しかし、一括で払える人はあまりいません。

livedoorニュース情報を多数ご用意したサイトです。

そういう意味で、デンタルローンは、とても助かります。デンタルローンが対象にしている治療費は、以下のようなものです。

・インプラント・矯正治療・審美歯科治療・セラミックを使った治療これらの治療は、歯1本だけでも、かなりの治療費になることが予想されますが、何本も治療すると、数十万から数百万円になることがあります。たいていの人は、ここで二の足を踏んでしまいますが、歯科治療目的のローンがあれば、満足いく治療が受けられるようになります。



具体的なローンの内容を見てみましょう。まず、支払い回数は最大84回で、患者の負担にならないようになっています。


利用額は最大500万円で、どのような治療にも対応できます。
ただ、銀行や信販会社によっても違うので、あらかじめ確認をしておきましょう。


医療費控除の対象にもなっているので、節税対策になります。
申し込み資格は、それぞれ違いますが、20歳以上で、安定した収入がある人になっています。年金収入でも、大丈夫です。


申し込み方法は、歯科の窓口で行うか、銀行か信販会社で行うかのどちらかです。
注意点もあります。まず、審査に通らなくては、お金を借りられません。

また、デンタルローンを扱っていない歯科もあります。場合によっては、連帯保証人が必要なことがあります。

クレジットのカードを歯科に関する予備知識が満載です。