デンタルローンを利用するメリットとデメリットを知る

subpage01

歯科で受けられる治療には、一般の病院で受ける治療と同じように、健康保険の適用を受けられるものとそうではないものがあり、後者の範囲で受ける治療は非常に高額になるのが一般的です。

最近気になった産経デジタル関連のノウハウを解説します。

高額の治療費用を賄うための方法として多くの人が思い浮かべるのは治療を受ける時期までに少しずつお金をためていく方法ですが、急にお金が必要となる事態が発生して予定通りにお金をためられない可能性も考えられます。そこで役立つのがデンタルローンで、この方法だと治療を受けたい時期に確実に口の中の病気の治療を始めることができます。デンタルローンの主なメリットは、支払回数を84回までの範囲で決めることができ、無理のない返済プランを立てることができること、歯科医院と提携している信販会社によるものの、最大で500万円程度まで立て替え払いをしてくれること、ローン契約をした年限定で医療費控除の対象に加えられることです。



また、デンタルローンの申し込みでは、患者本人がすべき作業は申込書への必要事項の記入程度であり、必要な作業の多くは歯科医院のスタッフによって行われます。この手続きの手軽さもデンタルローンのメリットといえるでしょう。一方、このようなデンタルローンにもデメリットがいくつかあります。
まず、ローン契約を結ぶためには信販会社による審査を通過しなければなりません。通過できない場合はローンを組むことができず、自分で費用を賄わない限り治療を継続することができません。

歯科のカード払いのホームページをチェックしましょう。

また、ローンによる支払いを選択すると、立て替えた費用が元金となり、それに対して利息が発生します。

このため、ローンの支払いが終わるまでに信販会社に支払う費用の総額は、通常の一括払いと比較して多くなります。