デンタルローンのメリットと注意点

subpage1

デンタルローンは歯の治療で利用できるローンです。


歯科の中にはクレジットカード払いに対応しているものがあり、金額によって分割払いで払えることもありますが、金利が安くはないため支払いが負担になります。デンタルローンであれは、クレジットカードの分割払いやカードローンと比べて低金利で利用できます。これが利用できれば高額の治療を躊躇って状態が悪化してしまうようなことも避けられます。

今すぐ使える歯の矯正費用のローンについて調べるなら、こちらをご覧ください。

デンタルローンの注意点として審査に通らなければなりませんが、これはカードローンと同様に20歳以上で安定した収入が求められます。


歯科で契約できるものは信販系の会社が扱っているものであり、銀行でもこのローンを扱っているものがありますが、金利が低くなるので審査基準は厳しくなります。



また、通常は担保や保証人は不要ですが、未成年であったり、収入がない人が利用する場合には保証人が必要になります。

エキサイトニュース情報が探せます。

デンタルローンは便利であり、返済期間は最大で84回程度と長期間になるため1回当たりの返済額は少なくなりますが、途中で収入が途絶えて払えなくなってしまうと信用情報に傷が付いてしまうので注意しましょう。将来の返済を考えて不安に感じる場合、保険を適用することで費用を大幅に減らす治療方法も選べるのであれば、それを利用することも検討が必要です。
また、デンタルローンは歯の治療に用途が限定されているローンなので、当初の想定より治療費が増えた場合に追加の借り入れはできますが、それ以外の用途には使えません。

金融の特徴

subpage2

歯科で受けられる治療には、一般の病院で受ける治療と同じように、健康保険の適用を受けられるものとそうではないものがあり、後者の範囲で受ける治療は非常に高額になるのが一般的です。高額の治療費用を賄うための方法として多くの人が思い浮かべるのは治療を受ける時期までに少しずつお金をためていく方法ですが、急にお金が必要となる事態が発生して予定通りにお金をためられない可能性も考えられます。...

next

知りたい金融事情

subpage3

住宅ローンや教育ローンのほかにデンタルローンがあります。あまり聞きなれませんが、自由診療で歯科治療を受ける場合には費用が高額なる場合もあり、そういった場合に使うことができる歯の治療に特化したローンです。...

next

みんなの常識

subpage4

デンタルローンは、歯科治療費に限定したローンで、申込んで審査に通れば、銀行や信販会社が治療費を立て替えてくれます。後は、治療費と手数料(金利)を分割で払うだけです。...

next

金融のコツ

subpage5

歯科治療費には、保険が適用される治療と保険が適用されない治療があります。インプラントや矯正治療、歯の美しさを求める審美歯科は保険が適用されず、自費治療となります。...

next